彼はこれは復讐ではないと言ったは無料で読める?電子書籍がおすすめ

彼は『これ』は復讐ではない、と言った
出典:コミックシーモア

漫画「彼は『これ』は復讐ではない、と言った」はクズないじめっ子たちへの制裁が容赦なくて気持ちいい、戦慄の復讐サスペンス漫画です。

今回は漫画「彼は『これ』は復讐ではない、と言った」を完全無料&安心して読めるサイト・アプリはどれか?、徹底調査してみました。

コミックシーモアでなら、ただいま以下の価格で配信中

第1~3話無料配信中♪(3/22まで期間限定)
第4~10話165円(税込) / 1巻につき
合計1,155円(税込)1,040円(新規登録で1冊70%OFF)

作品情報

作品名彼は『これ』は復讐ではない、と言った
発行巻数9巻(最新刊)
出版社
/ 連載雑誌
シーモアコミックス
/ シーモアコミックス
連載期間2023年~
著者高井唯人
紙の単行本出版されていません
目次

「彼はこれは復讐ではないと言った」は無料で読める?おすすめ電子書籍サイト

まず初めに、漫画「彼は『これ』は復讐ではない、と言った」を完全無料で入手する方法をさがしてみましたが、残念ながら合法的に無料で読む方法はありませんでした。

そこで次に、たくさんある電子書籍サービスの中でも特に”利用者が多く知名度が高い、安心して使える大手の電子書籍サイト“を抜粋して、マンガ「彼は『これ』は復讐ではない、と言った」を一番安く購入できるのはどこか調べてみました。

電子書籍比較ポイント

その結果、漫画「彼は『これ』は復讐ではない、と言った」は、大手の電子書籍サイトではコミックシーモアでしか配信されていないことが分かりました。

「彼は『これ』は復讐ではない、と言った」配信中

電子書籍サービスオススメ度試し読み1冊価格(税込)使用するクーポン
cmoa
今すぐ読む
1~3巻:無料
4~10巻:165円/冊

うち1冊が50円
・新規登録で1冊70%OFF
・新規月額メニュー登録で
最大20000ポイント還元

配信無し

Amebaマンガ
ebookjapan
dmmブックス
booklive
u-next
music.jp
コミック.jp
まんが王国

コミックシーモアなら「彼は『これ』は復讐ではない、と言った」先行配信中

コミックシーモアならココがお得
  • 「彼は『これ』は復讐ではない、と言った」の読みたい1冊が70%OFF50円に♪
  • コミックシーモアでの完全先行配信作品
  • コミックシーモア500(月額税込550円)に加入すれば、マンガ「彼は『これ』は復讐ではない、と言った」を全巻買っても後日500ポイント還元されます!
【コミックシーモア】の特徴
  • 会員登録は無料
  • 新規登録で《1冊70%OFFクーポンget!
  • 新規登録時に月額メニュー登録すれば最大20000Pプレゼント》
  • NTTグループ(エヌ・ティ・ティ・ソルマーレ株式会社)による”19年越え”の運営実績で安心
  • 119万冊以上の豊富なラインナップ(マンガ・書籍・ラノベ・BL/TL等)を配信中
  • 30,000冊以上の無料マンガ
  • コミックシーモアオリジナル作品や先行配信作品が多数ある

コミックシーモアの一押しポイントは、新規登録時に《1冊70%OFFクーポン》をもらえることと、月額メニューでポイントを購入すれば最大20000ポイント後日まるまる返ってくること。

うまくやれば、漫画の購入をポイントバック実質無料にすることも♪

ただし、その際は以下のことに気を付けてください。

~新規月額メニュー登録最大20000Pのポイントバックをもらう為の注意点~

  • 新規無料会員登録月の翌月末までに月額メニュー登録しないといけない
  • 月額メニュー開始月の翌月1日00:00まで継続していないと権利がなくなる
  • ポイントには有効期限がある

ぜひ月額メニューでポイントをお得に購入して、コミックシーモアでマンガを楽しんでくださいね♪

コミックシーモアクーポン
出典:コミックシーモア

「彼はこれは復讐ではないと言った」はスマホの漫画アプリで読める?

また、「彼は『これ』は復讐ではない、と言った」はスマホのマンガアプリで読むことは出来るのか?についても一緒に調べてみました。

「マンガBANG」で配信が開始されましたが無料では読めず、1話ずつ購入する形でしか入手できません。またコミックシーモアよりも配信ペースがかなり遅れることも分かりました。

その点、コミックシーモアを利用すれば、初回登録チケットなどを駆使して、かなりお得&ストレスなく読むことができるのです。

「彼は『これ』は復讐ではない、と言った」配信中

マンガ
アプリ
オススメ度何話まで無料か?
マンガBANG
マンガBANG
無料なし

配信無し

LINEマンガ
少年ジャンプ+
ゼブラック
ヤンジャン
めちゃコミックアプリ
ピッコマ
comico
コミックDAYS
マガポケ
サンデーうぇぶり
ガンガンオンライン
マンガPark
peep
マンガボックス
GANMA!
マンガワン
マンガUP!

「彼はこれは復讐ではないと言った」は漫画raw等の違法サイトやzip・rar・pdfダウンロードで読むのは危険!

ところで「彼は『これ』は復讐ではない、と言った」を無料で読む方法として、漫画raw等の違法サイトで漫画を読んだり、zip・rar・pdf形式で漫画をダウンロードすることを検討する人もいるかと思いますが、結論としては非常に危険なのでおすすめしません。

  • 法的リスク(刑事罰の対象となる可能性)
  • コンピューターウイルスやマルウェアによるダメージ
  • 個人情報の漏洩や詐欺に巻き込まれる可能性

令和3年1月1日より著作権法が改正され、侵害コンテンツダウンロードが違法となり、違法と知りながらダウンロードを行うと刑事罰化されることになりました。

ファイルのダウンロードまではせずとも、違法サイトに近づくことで、そこに表示される広告等をうっかりクリックしてしまいウイルスに感染するという可能性もあります。

ABJマーク

ABJマーク
(出典:電子出版制作・流通協議会

上記のABJマークを掲示した電子書店・電子書籍配信サービスは、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た”正規版配信サービス”であることを示しています。

当サイトではABJマークを掲示している電子書籍サイトのみ紹介しています。

最後に、漫画「彼は『これ』は復讐ではない、と言った」のあらすじ・感想等を紹介します。購入の参考にしていただければ幸いです♪

「彼はこれは復讐ではないと言った」の全巻ネタバレあらすじと感想

「彼は『これ』は復讐ではない、と言った」の1巻 ネタバレあらすじ

とある繁華街の片隅にあるBarのママをしているのは和田数子。飲みに来た渡辺和馬に「久しぶりだねー」と嬉しそうに声をかけた。

「6人でバカしてた高校の頃がなつかしいな」と言う和馬に、数子は「あの頃の写真まだあるよ」といいながら自分のスマホを和馬の前に置いた。

液晶に映し出されているのは、6人で順番に小嶋を殴って回した時の写真や、小嶋にミミズを食べさせた時のもの、みなで小嶋を物置に閉じ込めて大笑いしているときのものなど、どれも高校の時の記録ばかり。

「ほんとあの頃は楽しかったよな~」と和馬は罪悪感のかけらもない様子で、昔を懐かしんだ。

和馬は会社では人望が厚く、女性たちにも高価なものをプレゼントして人気を集めていた。そんな和馬を少し離れた場所に止められた車の中から、一人の人物が昏い瞳で見つめている。みんなはアイツの本性を知らない。。。

その人物は、拷問道具がたくさん置かれた部屋に戻ると「重要ノート 小嶋龍吉」と表紙に書かれたノートを胸に抱きしめ、目の前に置かれた将棋盤の上の駒を動かす。ノートには「あの6人」に与えられた苦痛がびっしりと書き連ねられている。

「あと少しだ。あと少しだよ・・・」その人物はそう言うと、ノートをぱらぱらとめくった。

小嶋龍吉、それはかつて将来有望といわれ、周りからも期待された、プロ棋士まであと少しというところまでのぼりつめた高校生の名前だった────。

「彼は『これ』は復讐ではない、と言った」の2巻 ネタバレあらすじ

川岸のベンチで女性に待ちぼうけをくらわされている和馬。あれだけブランド品をプレゼントしてるのに遅刻とか…とブツブツ文句を言っていると、スマホにメッセージが届いた。

慌てて確認すると、そこには「今日は会えません」という文章とともに、和馬がほかにもいろんな女性と逢瀬を重ねている隠し撮り写真が添付されていた。

いきなりこの写真が携帯に送られてきて、和馬のことが信じられなくなったと、相手の女性は決別のメッセージで締めた。

誰だよあんな写真送ったやつ!とイライラしながら帰社すると、今度は上司に呼び止められた。あわてて従順な部下の仮面をかぶってついて行く。

上司は倉庫に和馬を連れていくと「お前、会社の金、盗んでるだろ」と唐突に言った。和馬の顔がひきつる。和馬のインストールしたソフトを使って和馬が悪さしていると、匿名のタレコミがあったらしく、そこにはしっかり証拠まで添えられていたらしい。

「警察にも出てもらうことになると思う。会社の決定があるまで謹慎しておけ」と最後通告を突きつけられて、和馬は完全に詰んでしまった。

数子のBarでクダを巻き、ふらふらになりながら帰宅する。途中で道端で吐いていると、見知らぬ男から大丈夫かと声をかけられ────。

「彼は『これ』は復讐ではない、と言った」の3巻 ネタバレあらすじ

────あの頃、暴力は日を追うごとに過激になり、抵抗すれば怒り狂い、逃げようとすれば執拗に追い立てられた。彼ら6人は、人の尊厳を奪うことを楽しみ、他者を痛めつけることを楽しんでいた。

暴力をうけた身体の痛みに耐えつつ、木陰で隠れて購入した弁当を食べようとしていると、真後ろから石のブロックが飛んできて、顔の真横を通過して地面に落ちた。ふりむくと、上の方で大爆笑している彼らがいた。うそでしょ、もしあんなのが当たったら、冗談じゃすまない。アイツらおかしいよ────

和馬が目を覚ますと、そこは謎の暗室で、和馬は椅子に座らされて完全に拘束されていた。目の前に立つ、異様なマスクをかぶったスーツの男。彼は大事そうに抱えている「重要ノート」を読み上げ始めた。

「10月19日 あの6人に殴られたところがとても痛い。あの6人に目薬だと言われてラー油を眼に入れられた。激痛で眼が焼けるかと思った────」

「お前、龍吉か!」和馬がそのノートの存在に思い至ったらしい。あいつもそんなきたねえノートを持ち歩いていた…。

するとマスクの男はおもむろにラー油を取り出して────

「彼は『これ』は復讐ではない、と言った」の4巻 ネタバレあらすじ

和馬のお葬式で再会した数子たち5人。そのまま数子のBarに移動すると、和馬の死亡について話し合った。

まさか友達がこんな目に遭うなんてなぁ、和馬は会社の金をくすねてたらしいし怨みが原因では?と、どこか他人事なメンバーに対し、リーダー格の渋根周が「龍吉かもしれない」と突然言った。驚く面々。

周は知り合いから情報を回してもらったと前置きし、まるで拷問のような暴行を受けたと報道されている内容について
・和馬は眼球にラー油をかけられていた
・生きてる間に土や草を大量に口に詰め込まれた
という新しい情報を追加した。

「それって私たちが昔、龍吉にしてたことじゃ!?」と数子が気づいた。じゃあ私たちも狙われるかもしれないってこと!?そんな!あれくらいのことで!?と数子が錯乱する。

北井新一郎が「警察に話してさっさと龍吉を捕まえてもらおう」と提案するが、田佐中優子が「こっちはドラマの役が決まったばっかりなの!スキャンダル嗅ぎつけられたら面倒くさいのよ!絶対警察なんかに行くんじゃないわよ!」と激高した。優子にとってこの話は振れることすらタブーなのだ。

そんな彼らの様子を見ていた周は「龍吉が和馬を殺したと決まったわけじゃない、それが分かるのは、また次にこの中の誰かが殺されたとき…だろ?」と不敵な笑みを浮かべたのだった────

「彼は『これ』は復讐ではない、と言った」の5巻 ネタバレあらすじ

新一郎はゲスな表情を浮かべながら、生徒である宮山をいかにして食うかに想いを巡らせていた。絶対宮山は俺に惚れてる、現役JKを食えるチャンス!

放課後、教室に待たせていた宮山のところに意気揚々と登場すると、外はもう暗いから車で送っていくと申し出た。

宮山は大喜び、けれど新一郎はまったく教師らしからぬ妄想で鼻息を荒くしていた。

宮山のような処女っぽい女、社会人になるといなくなる。高校時代は優子にこだわりすぎて、他の女と遊ぶ機会がなかった、けれど俺にもやっとツキがまわってきたのだ!

世間話の延長線のように、宮山と会話をつづけながら、休みの日はどうやってすごすのか聞き出す。

そのとき突然宮山が顔色を白くして、一点を見つめてうごかなくなってしまった。ちょうど新一郎の真後ろぐらい、気づかない新一郎の背後に立つのは、窓の向こうがわに立つ「奇妙で畏怖を与えるマスク」をかぶり「重要ノート」を胸に抱きしめた怪しい人影だった────

「彼は『これ』は復讐ではない、と言った」の6巻 ネタバレあらすじ

夜の教室で新一郎にのしかかられて宮山は悲鳴を上げた。新一郎の様子は尋常でなく、いつもの優しい先生とは似ても似つかない雄の顔をしている。

「大丈夫、痛いのはさ、痛いのはさ、最初だけだから」などとゲスい言葉を口にしながら宮山を襲う新一郎。恐怖に突き出した宮山の拳が新一郎の顔に当たった。

その瞬間新一郎の目から表情が消え、一瞬の間をおいて男の全力で宮山の顔面を殴りつけた。

あまりの痛さに軽く痙攣をおこす宮山。痛さと恐怖で声すら出せない。誰か、誰か助けて────

ちょうどそのころ、龍吉を追う刑事たちは夜の丼屋で言い争っていた。警察本部が和馬殺しを”会社との金銭トラブル”により引き起こされた事件と方針をかため、龍吉のいじめとは無関係となってしまったのだ。

若い刑事は激昂する、あんな異常な殺し方は金銭のトラブルだなんてありえない、怨念のこもった復讐だと。

年配の刑事も腹の中ではもちろん承服していない。しかし・・・・。

「彼は『これ』は復讐ではない、と言った」の7巻 ネタバレあらすじ

Barの扉があく音がして、数子は笑顔で出入り口を見た。そこに立っていたのは利則で、さっそくウイスキーのダブルを提供する。

「周と連絡がつかないんだが、お前何か知らないか?」

利則の顔が険しい。数子の脳裏にあの日の『次にこの中の誰かが。。。』と言っていた周の姿が浮かんだ。それってもしかして、周が龍吉に・・・・不安になる数子。

しかし利則は「そりゃないだろ、周のことだ。むしろ姿を隠しているんだろ」と利則はこともなげに言った。

周は親の金で海外でもどこでも好きなだけ潜んでいられる、それに対して自分たちはそうはいかない、仕事も生活もあり、ずっと隠れてなんていられない…利則は言う。

そして「数子、お前は和馬を殺したのは龍吉だと思うか?」と唐突に聞くのだった────

「彼は『これ』は復讐ではない、と言った」の8巻 ネタバレあらすじ

一人の男が倉庫の裏で、スマホの画面を冷たい目で見ていた。液晶には”男性教員が何者かに襲われ死亡”とタイトルのつけられた記事が表示されている。

被害者の名前は北井新一郎(24)。犯人は仮面で顔を隠していて、斧のような凶器で殺害されたと文章は続いている。

冷めた表情で読んでいる男が、後ろから同僚に仕事に戻るよう呼ばれた。「おーい!こっちの荷物頼む、北斗!」北斗と呼ばれた男はひとりで荷物を運びながら「まだちょっと身体痛いな。昨日はちょっと無茶しすぎたかな」とひとりごちた。

一方、北井が殺害されたときに現場に居合わせた女子高生・宮山の自宅に、刑事が訪ねてきていた。彼らは先日唯一この一連の残忍な殺人事件を「いじめが原因ではないか」と疑っていた二人だ。

すでに別の刑事に大方話をしてしまっているがと言う宮山に、自分たちは別の観点から調査をしていると前置きし、改めて北井殺害の瞬間について質問をするのだった────

「彼は『これ』は復讐ではない、と言った」の9巻 ネタバレあらすじ

宮山は刑事たちが帰った後、家の階段をのぼりながら、そういえば”あのメール”について、彼らに何も伝えなかったことに思い至った。

”知らない人から、携帯にメッセージが来たんです”

宮山はスマホを取り出して、件のメッセージを呼び出そうと画面を操作した。ところがなぜか、消えている。あれ?一瞬気を止めた宮山。でも次の瞬間には「ま、いっか」と、まるでまったく興味なさげに口にしたのだった。

一方、刑事たちはさっき聴取した宮山の様子を思い出していた。宮山はどうみても、捜査に非協力的な様子だった。そう指摘する若い刑事に対し、

年配の刑事は「信頼していた教師に襲われるすんでのところだったんだ」といなした。あの子には、犯人がヒーローに見えたかもしれないな・・・・と。

「彼は『これ』は復讐ではない、と言った」の10巻 ネタバレあらすじ

北斗は夜のとばりの降りた倉庫のならぶ仕事場から、静かに退社した。周りに人影はなく、寂しく暗い道を自宅へとただ淡々と歩く。

途中コンビニにより、軽く食べられるものを買い、歩きながら口にした。

一言もしゃべらず、なんの音も聞こえず。ただただ歩いていた。…しかし、北斗がおもむろに立ち止まり後ろを振り返った。

後ろにはだれもおらず、ただ、しんとしているだけ。けれど北斗には何かが感じられる。

また歩きだす。足音を鳴らしながら。トン、トン、トン、トン。

突然足を止めた。と、「トン」と北斗ではない足音が後ろから続いた。今度はバッと勢いよく後ろを警戒しながら振り向く。けれど背後にはだれもいない・・・・。

しばらくたたずんだが、仕方なくまた前を振り返り…「よお、北斗」目の前にいたのはあの大久保なのだった・・・・。

「彼は『これ』は復讐ではない、と言った」の口コミ・感想

20代女性

復讐系が大好きなので、ついつい手を出してしまいました。とりあえずいまの段階で明らかにわかっているのは、いじめる側がとんでもないクズ。まったく養護できない、潔いほどのクズ。なので「とことん制裁やってやれ!」とこちらも思えてそこだけはありがたいです。いや、やってることクズすぎて、なにも良くないんですが(汗)。これからどうなっていくのか、かなり気になっています。

30代男性

過去にいじめを受け、夢を絶たれた人間の復讐劇。とりあえず割と冒頭の、ノートに書かれたいじめの「ラー油を眼にいれられ、激痛で目が焼ける、泣きながら転げまわる…」という表記だけでしばらくダメージから戻ってこれませんでした。そこだけでも、思う存分6人にガッツリ復讐していいよという気分に。復讐系のマンガはたくさんありますが、この作品はどういう着地をするのか、今から楽しみにしています。

20代女性

実はいじめられっ子当事者が犯人ではない?とずっと謎です。復讐系なのですが、犯人がちょっと最初の想定と違う。。。正体や動機についての予想が膨らみ、物語が進むにつれて心理戦の舞台裏にも引き込まれていきます。とはいえ、たとえ犯人が誰であろうとその元凶はいじめなので・・・復讐の喜びにうっかり共感する自分に驚いてみたり。絶対最後まで読み切るつもりです。続きがほんとに気になる!

30代男性

主人公の小嶋龍吉が、将来有望とうたわれていた将棋の道を邪魔され絶望したのに、六人の加害者は成功と幸福に満ちた生活を送っている、、、これは復讐必至!とやっぱり思ってしまいます。いや復讐ダメ・絶対!なのですが。心のどこかで「この世は”因果応報”であってほしい」と願う後ろ暗い気持ちが、復讐物をよんでウキウキしてしまう原因のひとつかもしれないなと。復讐内容がものすごく残酷なので、どこへ着地するか?と気になって仕方ありません。いま、続きがめちゃくちゃ気になる漫画のひとつになっています。

「彼はこれは復讐ではないと言った」に関するよくある質問

漫画「彼は『これ』は復讐ではない、と言った」は全巻何巻まで?

現在10巻まで配信中です。(コミックシーモア先行配信)

漫画「彼は『これ』は復讐ではない、と言った」を電子書籍サイトで安く読むならおすすめは?

限定配信している「コミックシーモア」でなら、新規登録クーポンを使って非常にお得に読むことができます。

漫画「彼は『これ』は復讐ではない、と言った」はマンガアプリで読める?

「マンガBANG」で読めますが完全有料・配信が遅いです。

漫画「彼は『これ』は復讐ではない、と言った」は電子書籍レンタルや読み放題サブスクで読める?

シーモアレンタルでレンタルできますが、購入との差額を考えると購入の方がおすすめです。また読み放題では取り扱われていない作品のため、読むことは出来ません。

「彼はこれは復讐ではないと言った」を無料で読む方法まとめ

この記事では、漫画「彼は『これ』は復讐ではない、と言った」を無料で購入する方法について調べてみました。以下に記事の内容をまとめます。

  • マンガ「彼は『これ』は復讐ではない、と言った」は合法的に無料では読めない
  • マンガ「彼は『これ』は復讐ではない、と言った」はコミックシーモア先行配信作品である
  • コミックシーモアでならクーポン使用で1冊165円→50円。月額メニューを利用してポイントを購入すれば、もっとお得に読める。
コミックシーモアクーポン
出典:コミックシーモア
目次